身の周りの印刷方法について   no comments

Posted at 5:02 am in

私は現在製造業の営業マンとして働いています。職業柄印刷会社とお付き合いする機会がありますので、印刷に関する知識は多少なりともあります。身の回りの出版物や印刷方法について記事を作成させていただきます。主な種類としては、オフセット、レーザー、インクジェット、UV、グラビアなどがあります。レーザーについては、主に我々のオフィスのコピー機などに使用されており、使用される紙としてはPPC用紙がなっています。オフセットについては、カタログやパンフレットなどの出版物に占める割合が非常に多くなっています。オフセットについては、使用する紙によって大分出来栄えも変わってきます。紙自体がコート紙系統が使用されていることが多いようです。インクジェットは家庭用プリンターによく用いられ、ハガキや名刺などに利用される機械が多いようです。

紫外線を利用した印刷の方法

紫外線といえば、ご存じのように太陽光に含まれているものであり、日焼けすることからお肌にとってはあまりよろしくなく、また当て過ぎると病気になる原因になることからあまり良くないイメージがあると思います。しかし、そのような紫外線を利用した印刷の方法があります。この方法はUV印刷と呼ばれているものです。何に使われているのかといえば、紙に文字や絵などを刷るために使われるというよりは、クリアファイルの素材に文字や絵を刷るために使われることがほとんどです。普通に紙を刷る場合と比べて早い時間で乾燥するということやインクが落ちにくいということ、独特のにおいがなく、色が変わりにくいということなどが特徴として挙げられています。前に述べたように紫外線は体を害させることがあるので、いかにも悪者のような扱いを受けていますが、印刷として使う際には役立っていることが多いです。

家のプリンタで行う時の印刷

今は働いていないのですが、IT関係の仕事をしていたこともありプリンタ関連の問い合わせもかなり受けていました。そういった流れの中で、印刷するプリンタのトナーやインクは、印刷品質を落とさないようにということを第一に考えていく場合は、メーカー純正品を使用した方が良いのだなということです。リサイクルトナーも、エコや環境保護の観点からも価格の問題からも非常に魅力的なのですが、様々な会社から販売されている為品質が一定でないことがあるようです。家でプリンタを使用する時にはどうしようかとても悩みましたが、結局はそんなに使用することが少ないので、純正インクを購入することにしました。今まで家でプリンタは2台購入歴があるのですが、1台目は純正を使用していましたが結局は目詰まりを起こしてしまい、修理代を考えると割高だったのでプリンタ自体を買い換えることになってしまいました。

交通事故に関するご相談は土日・祝日・夜間も事前予約にて対応します。 正当な賠償金を受け取る為に専門的な知識と経験を持った交通事故専門の弁護士が担当します。 示談金の交渉は保険会社と行います。心身ともに負担の大きいので弁護士に依頼することをおすすめします。 関東地方を中心に静岡県、山梨県、長野県、新潟県の交通事故の法律問題に対応しています。 各地で定期的にで交通事故無料相談会を開催しております。 交通事故でむち打ちになってしまった方へ

Written by admin on 9月 3rd, 2014